先日は予約していたスバルディーラーに行って、セーフティーチェック(6ヵ月点検)を受けてきました。中古の愛車インプレッサも購入から早半年。色々なところにドライブしてますからね。

タイヤやバッテリーもチェック。問題ないどころか、8万キロ以上走っているのに足回りなど非常に状態が良いと整備士さんからお墨付きをもらいました!嬉しい。

そして、過去の点検記録簿を見返し、ブレーキフルードデフオイルが交換時期と判断して交換することに。ブレーキフルードは車検毎(2年に1回)が推奨で、記録上購入時の車検では交換してもらえていませんでした。また、デフオイルは5万キロ毎が目安でこちらも既に過ぎていました。

中古車はやはりしっかりと点検記録簿をチェックして、早めに色々と交換していきたいものですね。

そして今回は珍しいCVTF(CVTフルード)も入れ替えました!何が珍しいかというと、交換目安が10万キロなんですよね。だから交換に至る人は必ずしも多くないというもの。

ただCVTFはデフオイルと合わせて「駆動系オイル」に分類されています。これが劣化してしまってエンジンがダメになると大変です。勧められたというわけではないですが、83000キロの現段階で早めに交換することにしました!少し値は張りましたが安心感が違いますね。

ドア裏にはこんな目安のシールを貼り付け

今回担当してくれたスバルの整備士さん、ものすごく丁寧に状態を説明してくれて、マイカーへの愛が深まりました。せっかく状態は良好のようなので、大切に長く乗りたいものです(´∀`)












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です