中古のスバル車を購入する際に、頭を悩ませたのがドレイブレコーダーの設置でした。アイサイトの機能を邪魔しないように、基本的に純正品以外は取り付けが推奨されていないんです。

ただ、私のインプレッサは5年落ちなので、対応するスバル純正ドラレコは値段の割に機能が微妙で…しかもリヤカメラ非対応。あおり運転で後ろから車間を詰められた際にも記録しておきたかったので、前後同時録画のドラレコが希望でした。

そこで社外品を選ぶことに。一時はテレビCMも流していたコムテック社製にしました!ZDR-015というモデルです。

最新のZDR025というモデルもありましたが、安かったのでZDR015を選びました。

駐車監視機能を有効にするためのコードも同時に注文しました。駐車監視機能とは駐車中に当て逃げされた時などに、衝撃を検知して自動で録画を開始してくれる機能です。

駐車監視・直接配線ユニット HDROP-09 というやつですね。

Amazonで買ってインプレッサを購入した中古車屋さんに送ったら、納車までに取り付けてくれることに。

で、話は戻ってアイサイトに干渉しないドラレコの設置位置です。ミラー裏や中央部は窓への反射や電波障害が起きる可能性があって厳しかったので、運転席前にドンと設置することに。

運転中に邪魔に感じそうな位置ですが、杞憂に終わりました。実際のところ全然気になりません。

ただ、この位置は雨が降った日に画面右下の一部がワイパーの届かない部分に重なるため、その点注意が必要です。最初はアイサイトとの干渉を避けるためにもう少し右側に配置してみたのですが、雨の日に全く役立たずになってしまうので、中央寄りにずらしました。

スバルディーラーによると、この位置はギリギリ、アイサイトとの干渉の可能性があるグレーゾーンのようです。まあ半年ほど使用してみた感じではアイサイトもちゃんと機能しているし、問題は無さそう。

横から見るとこんな感じ。運転席の目の前にあるので、撮影した動画を確認したい時は操作しやすくて便利という思わぬ利点もありました。

リヤカメラはアイサイト関係なく、後部撮影もバッチリです。

人気のコムテックのドラレコを設置できたことで、安心してドライブできています…!












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です