最近、2年半前に購入したNikon D500のボディをメルカリで売却しました。D500はフルサイズではないAPS-C機の中では最高峰の性能を誇る人気の高い機種でしたが…

結論から言えば私にはオーバースペックでした…。

人気機種だけに高値で売れて一安心。D500の何が合わなかったかというと…デメリットとしてはやはり重さ。いや、これだけの高性能機種にしてはものすごく軽い方だと思うんです。実際そうなんです。だから軒並みユーザーの評価は高いです。

ただし、イマイチ機能が使いこなせない私にとっては重かった…。スナップ撮影や運動会程度の撮影なら、軽量のエントリー機、D5000シリーズで全然問題ないんですよね。

それから、やはりD500は撮影設定も上級者向けです。その点D5000シリーズの方が操作が直感的にできてわかりやすいなあと改めて感じました。

D500は次第に持ち出すのが億劫になり、使わなければ上達もしない悪循環…。それなら思い切って損切りを決断。元は取れなかってけれど、これも勉強ですね。

そして改めて買い替えたのがD5600です。2年半前にD500を買った際に、それまで持っていたD5500を売却しました。結果的にD5000シリーズを買い戻す形になりました。

D5500の中古での購入も検討しましたが、Nikonダイレクトで新品のD5000シリーズ最新版、D5600ダブルズームキットが割引価格で販売中だったので、こちらをポチッと購入しました。D5000シリーズの中古価格相場にそれほど割安感を感じず、それならやっぱり本体ボディは新品が良いなあと。

キットでついてきたレンズ2本は使わないので売却することに!

・AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR


・AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G VR

これらは新品未使用のままメルカリで売却。売却益をレンズキットの購入額から差し引くと、結果的にD5600の本体ボディ価格は63000円ぐらいで購入できたことに!D5600の中古価格相場が5万円なので、新品としてはお得感がある形で落ち着きました。

改めて手にしたD5600。やっぱり良いです。自分の実力、写真への熱意に対してちょうど良いサイズ感、ちょうど良いスペックなんだなあと改めて感じます。

特に、D5600の買い戻しと同時に購入した単焦点レンズ

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

こいつを装着するとものすごく楽しい。少し工夫すれば一眼レフで撮ったなあと実感できる綺麗な写真がどんどん撮れます。

特に動物とか子供のスナップ撮影に良い感じ。レンズ装着時のサイズ感、バランスもすごく良くて手軽に取り出してパシパシ撮れちゃいますね。中古で15000円で買いましたが、お買い得だったなと感じます。

やはりカメラライフは身の丈に合わせ、楽しめる範囲の機種を見つけ出すのが大事だなと実感。まあこれはあらゆるお買い物に言えることですね。高いスペックを追いかけるのではなく、自分にとって本当に必要な機能は何か、そしてそれはコストに見合っているかを冷静に見極める癖をつけていきたい!今回は勉強になりました。

次回はカメラ、レンズ、コンデジの自分なりのベストバランスなラインナップを記事で紹介します…!












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です