【ロンドン】スタンフォードブリッジ真横!ミレニアム&コプソーンホテルズ宿泊レビュー












さて今回はチェルシーのホームスタジアム・スタンフォードブリッジに隣接するミレニアム・アンド・コプソーンホテルズ at チェルシーFC(Millennium & Copthorne Hotels at Chelsea Football Club)の宿泊レビューをお届けします!

ミレニアム・アンド・「コプトーン」ホテルズと表現する場合もあるみたいですね。

スタンフォードブリッジの真横ですから、観戦旅行の際に宿泊を検討されるチェルシーファンの方も多いのではないでしょうか。

青くま君
少なくとも…ちょっと気になりますよね!

私は今回、1人旅で結構節約もしたのですが、「at チェルシーFC」と名の付くのホテルとなればどうしても部屋の中や朝食を体験してみたかったので、思い切って1泊だけ利用してきた次第です。

ミレニアムとコプソーンの2棟

まず宿泊当日に気づいたことなのですが、このホテルは2棟に分かれています。

ミレニアムホテル」側と「コプソーンホテル」側です。

 

▲上のこちらの画像が1旨目のミレニアムホテルの棟の外観です。

▲そして、こちらがコプソーンホテルの棟の外観ですね。

「ミレニアムホテル」で検索すると、ロンドン市内のメイフェアやナイツブリッジにも同名のホテルがあるようで、いずれも4つ星ホテルとして評判は上々のようです。

日本では「ミレニアム 三井ガーデンホテル」などの名前で三井不動産系と提携して展開しているようですね。

また「コプソーンホテル」も検索すると、イギリス国内に結構たくさんあります。いずれもなかなかの評判なので期待は高まりますね。

このスタンフォードブリッジのホテルに関しては、予約システムなどが同一で、ミレニアム&コプソーンホテルズ at チェルシーFCとして一体で運営されているようです。

ミレニアムホテルの棟に宿泊

自分で選んだ訳ではないのですが、私の予約はミレニアムホテル側の部屋が割り当てられていました!

ミレニアムホテル側のロビーはこんな感じ。

観戦後に宿泊する予定の方はここで試合開始前に荷物を預かってもらえて便利です。私もストーク戦の開催日に宿泊したので、チェックイン時間の前に手荷物を預けておきました( ˘ω˘ )

共用部分は以下の写真のように綺麗で申し分ありません。

新しい感じはしませんでしたが、清潔で不快感はまるでありませんでした。



部屋もシンプルかつ重厚で良い感じ!

いよいよ部屋の中を見ていきましょう~!

私が予約したのはダブルベッド1つで、おそらく一番シンプルなタイプの部屋と思われます。

備品はデスクと椅子、さらにリラックス用に別の椅子と小さなテーブルなども備えられていてシンプルさと高級感がちょうど良いバランスです。

明るすぎない照明がまた好印象でした(*’▽’)

洗面台とトイレはこんな感じ。

清潔感があり、少し必要以上に広い印象です。

トイレはウォッシュレットではありません。

お風呂も清潔。シンプルなユニットバスタイプです。

お湯はすぐに出ましたし、シャワーの水圧も十分勢いがありました。

シャンプーやボディソープも備え付けでありました。ボディクリームみたいなものあって、使ってみたら良い感じでしたよ!

ドライヤーはなかなかに古めかしい見た目。風量は十分でした。

さてさて、部屋の中に戻りましょう。

タンスは結構存在感があってデザインがカッコイイなあと思いましたね。

日本で最近のマンションに住むとなると、クローゼットの収納が予め部屋に備え付けてあることが多いですもんね。こういういわゆるタンス(クローゼット?)を見るのは久しぶりな気がしました。

中にはバスローブもあります。金庫も備え付け。

荷物置きもありました。全体的にシンプルなんだけどかゆいところには手が届く調度品の数々でした。

ベッドも快適で、ストーク戦の勝利に大満足だったこともあり、ぐっすりと眠れました( ˘ω˘ )

そうそう、そういえば部屋にチェルシーらしさ、サッカーらしさは特にありませんでした。

唯一発見したのは…

こちらの絵画です…!

よくみるとサッカーボールがちょこちょこ描かれています。

ディズニーランドの隠れミッキー並みにサッカー要素を探すのは難しかったです( ;∀;)笑



朝食はコプソーンホテルの棟

今回は朝食付きのプランにしてみたのですが、食事の提供場所はコプソーンホテルの棟となります。

これが唯一の不満点でした…!ミレニアムホテル側の宿泊だと、ほんの少しではありますが一度外に出ないといけないのです!

青くま君
寒かったです…!

まあ小さなことですし、大して気になりませんでしたけどね。

こちらが朝食の会場です。

バイキング形式でイングリッシュスタイルとコンチネンタルスタイルの両方を選べます。

いわゆるイギリスの朝食ですね!

お味は悪くはありませんでしたが、期待するほどでもないという感じでした。

ミレニアム&コプソーンホテルに泊まる前は、パディントンのアルブロハウスというB&B(ベッド&ブレックファースト)に宿泊していたのですが、そちらの朝ごはんの方がおいしかったです!その様子はまた別の記事でご紹介しますね。

フランキーズ・スポーツ・バー&グリル

またミレニアム&コプトーンホテルズのすぐ近くには「フランキーズ・スポーツ・バー・アンド・グリルズ」(Frankie’s)というパブのようなお店もありました。

ちょっと新しいパブという感じですね。

試合前後はそこそこにぎわいます。

スタジアムツアーにこの店のランチセットみたいなオプションが選べるようになっていたことを思い出しました。

店内はこんな感じでグループで食事もできますし、写真左手奥のようにカウンターに立って一人で飲むこともできます。

こちらで2日前にコブハムの練習場前でお会いした日本人の家族連れの方と合流し、ストーク戦勝利の祝杯をあげましたよ(*’▽’)

ちょうどチェルシー戦後にやっていたマンチェスター・ユナイテッド対サウザンプトンの一戦を中継していまして、店内はみんなサウサンプトンを応援していました(^^)笑

もしチェルシーの試合観戦後に他のプレミアリーグの試合をテレビ観戦したいならフランキーズにすぐ行くのがおススメです!

青くま君
いかがでしたでしょうか!?

快適でしたし、試合前、試合後、翌朝といつまでもスタンフォードブリッジの真横でチェルシーを感じていられるのが、ミレニアム&コプソーンホテルに宿泊する最大のメリットのように感じましたね( ˘ω˘ )

ご予算の範囲で可能であれば、ぜひ一度宿泊されてみると良いと思います!



青くま君
スタンフォードブリッジ至近のラ・リザーブホテルのレビューなどもありますので是非のぞいて行って下さい!

【ロンドン】スタンフォードブリッジ至近!ラ・リザーブホテル宿泊レビュー

ロンドン観戦旅行を超簡単にするたった1つの方法!

現地観戦おすすめ記事












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です