最近、5351 POUR LES HOMMES ET LES FAMS(プール オム エラ ファム)というブランドのスキニーデニム、全く同型同色2着目購入しました〜!

心底気に入ったアイテムはどうしても全く同型同色を複数用意しておきたくなってしまうんですよね

商品名はワンウォッシュハイパワースキニーデニム。ZOZOTOWNの商品説明によれば…

「大人気デニムがリピート生産!」

らしい(´∀`) たしかにもうほぼ全サイズ売り切れに。

ZOZOTOWNは黒いボックスで届くのがなんだかワクワクする…って思ってたらそれにもちゃんと狙いがあるみたいですね。

Twitterでたまたま見つけた記事→【note記事】黒いだけじゃない!ZOZO箱に込められたこだわりと思い

じゃーん。梱包も綺麗。でも…

5351 POUR LES HOMMES ET LES FAMS(プール オム エラ ファム)のデニムめちゃくちゃオススメです!!ぜひ皆さんも買ってください!!

…て記事を書きたい訳ではないんです。服って本当に本当に、その人の体型によって似合う似合わないが全然違うので。このスキニージーンズ、私はもうめちゃくちゃジャストサイズで素材感も色合いもバッチリのまさに求めていた品なのですが、もうこればっかりは人それぞれ。

ただ今回はZOZOTOWNで服を買うってメリットが結構多いなと思ったのでそのことをちょっとだけ書き残しておきます_φ(・_・

ZOZOTOWNで服を購入する注意点としては

注意点
今持っている服をキッチリ妥協なく採寸する!

です!シンプルにこれだけですね。

ZOZOTOWNは独自に洋服を採寸して結構詳しく表示してくれているので、自分の持っている洋服と比べてどこがどう長いor短いのかを丹念にチェックしていきます。それだけで段々とサイズ感が頭に浮かび上がってきます。

商品写真のカッコよさに惑わされず、妥協しないで寸法チェックを繰り返していると、イメージ通りのアイテムに巡り合うことができますね。

このやり方のメリットは…

メリット1
たくさん試着しなくて良い

私は試着が億劫に感じてしまうんですよね。店舗に行ったら採寸とか確認せずに、とりあえず着てみましょうかということになる。それが面倒だし、結局サイズ感が合わなかった時に、店員さんに商品を返す時のコミュニケーションもできれば避けたいところ。

メリット2
店員さんと会話しなくて良い

メリット1のところと少し重なるのですが、店員さんとのコミュニケーションなしで済むのはストレスの軽減につながってきます。もちろん良い店員さんもいるけど…やはり営業トークに対処するのって結構疲れるものです。それからの解放は大きい。

このコミュニケーションをカットできるので、焦って買ってしまう、似合うと勘違いして買ってしまう、という事態も避けられますよね。だから結果的に無駄遣いは減ると思います。商品の写真がカッコよくて惹かれてしまっても、寸法を注意深く確認するクセがついていると、ドンピシャのサイズ感でない限り勢いで買ってしまうこともなくなります。

メリット3
合わなければ返品できる

ZOZOTOWNは基本的に、客のイメージ違いによる返品を受け付けてくれるんですよね。思っていたのと色味が違ったとか、サイズがちょっと合わなかったとかいう理由で返送できます。もちろん商品タグを切らず、綺麗に丁寧に扱うことは絶対ですが。

これって自宅でじっくり試着できるっていうことと同義ですよね。狭い試着室でゴソゴソ着替え、店員さんの「いかがですか〜?」というプレッシャーに悩まされることもなく試着できます。自宅にある別の服と合わせてみたり、様々なコーディネートに合うかも試せます。

注意点としては、返品の送料が購入者の負担です!

私は1度返品したことがありまして、送料は千円強でしたね。この値段をどう見るか。私はもう完全に必要経費と割り切れます。上記のメリットの対価として十分支払える額だと思いますね。結局お店に行くにも交通費がかかるし、時間やストレスもトータルで考慮するとお安いものに感じます。

いかがだったでしょうか。もちろん店員さんとのコミュニケーションが楽しい人もいるでしょうし、優秀な店員さんは自分では気づけないような似合うアイテムを提案してくれることもあると思います。それは全く否定しません!

ただもしお店に行くという行動に何らかのストレスを感じているのならば、服はZOZOTOWNで買うというライフハックもありかと思います^_^












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です