リュディガーとは良い補強!チェルシー動き始めました












f:id:bluesbluesblues:20170705231447j:image

ポイントのセンターバックをきっちり補強

プレミアリーグに加えてチャンピオンズリーグも狙う17/18シーズンに向け、チェルシーの補強ポイントとして現地メディアなどが挙げているのは概ね4つのポジション。ディエゴ・コスタが抜けるセンターフォワード、豊富な運動量が要求される左右のウィングバックセンターハーフ、そしてジョン・テリーが抜けるセンターバックですね。

当ブログでも過去にこんな記事で取り上げていました。

その補強ポイントのひとつであったセンターバックに、ASローマからアントニオ・リュディガーを獲得が決定的に。後は公式発表を待つばかりという感じですね。

ちょこちょこ現地メディアを追って交渉の成り行きを見守っていましたが、年齢や経験値、移籍金などすべてのバランスが取れた適切な補強という印象があります。うれしいですね。歓迎です。

急浮上から一気に交渉進展!?

センターバックの補強については、一時ユベントスのレオナルド・ボヌッチやサウサンプトンのフィルジル・ファンダイク、ローマのコスタス・マノラスなどの名前が挙がっていましたが、移籍金など比較してもリュディガーは良い補強と言えると思います。

マノラスが移籍先候補のゼニトと契約締結直前にトラブルになった直後、急に現地メディアでリュディガーの名前が浮上し、あれよあれよと交渉が進んでいった感じでしたね~。真相は分かりませんが、チェルシーフロント陣の素早い動きが功を奏したのでしょうか。良い仕事です。

対人に強くロングボールも得意な印象

セリエAをきっちりチェックしていた訳ではないので偉そうなことは言えないのですが、コンフェデレーションズカップやYou Tubeで好プレイ集の動画をチェックした印象では、守備時の対人に強く、また攻撃時には浅めの位置からペナルティエリア付近に正確なロングボールを放り込める選手と感じました。

特にコンフェデレーションズカップ決勝では集中力が高く、前半4分にチリのチャルレス・アランギスをペナルティエリア内でブロックした守備などは興奮しましたね。

それと、細身長身の黒人選手は個人的にはすごく好きでして、ボールを持っていない時の流すような走り方がかっこいい。ポグバやバカヨコに共通する感じがしました。

リュディガーはアーセナルファン!?

ところがこんな記事が出ていてびっくりしましたよ!!笑

なんとリュディガーは昔からのアーセナルファンなんだそうです。同じロンドンのライバル、宿敵ではないですか!笑。まあ子供のころからプロに憧れて練習を続けてきたサッカー選手なら、好きなチーム、ファンだったクラブがあるのは当然と思いますけどね。

チェルシーへの入団を決断してくれて、青いシャツを身に着けてくれるなら関係ないでしょう!気にせず応援しますよ!

気にしない、気にしない…笑

アント~ニオ!アント~ニオ!アント~ニオ~♪

あと、どうでも良いことなんですが、ひとつ気になったことがありまして。名前、アントニオ・リュディガーなんですね。アントニオ!といえばスタンフォード・ブリッジでお馴染みになったこのチャントが自然と頭のなかに流れてきます

アント~ニオ!アント~ニオ!アント~ニオ~♪

ご存知の通りアントニオ・コンテ監督を称えるチャントなんですが、これは来シーズンも歌われるでしょうから、その時ピッチにいるリュディガーはどんな感じがするのかな~なんて笑

手をあげて応えてくれたりしたら嬉しいですね!笑。ほんとどうでも良いことすみません。

それにしても待ちに待った加入のニュース。第2ゴールキーパーのカバジェロに続き、きっちりと適切なセンターバックの補強に一安心しました。

これからまたピシピシッと契約をまとめてもらって、スッキリとプレシーズンを迎えたいですね。

サッカーブログ人気ランキング

よろしければ関連記事ものぞいていってください(^^)












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です