C・ロナウド!プレミアリーグにぜひ来て下さい!












マドリード検察の脱税捜査に不満のクリスティアーノ・ロナウドが、レアル・マドリッド退団を決意という驚きのニュースが入ってきましたね。報じたのはロナウドの母国・ポルトガルのメディアで、信憑性はよく分からないのですが、スペインのマルカやASなどレアル・マドリッドに近いとされるメディア続々と追認の報道をしています。

事実であればすごく面白いです。移籍市場エンタテインメントにおける最高に興奮するニュースになりそうです笑

マンチェスター・ユナイテッドで良いから来てほしい

ロナウドには是非、古巣のマンチェスター・ユナイテッドに戻ってきていただきたい!チェルシーファンなのに変に思われるかもしれませんが….笑。チェルシーには来ないだろうし、アブラモビッチオーナーとはいえ流石に資金面で厳しいでしょう?選ぶとしたら、資金力も十分の古巣ユナイテッドでしょう。

で、ライバルであるマンチェスター・ユナイテッドが強くなってしまうとしても、クリスティアーノ・ロナウドにはプレミアリーグに来てほしいのです!

世界最高峰のプレーヤーをプレミアで見たい

理由は単純、一サッカーファンとして、世界最高峰の選手、バロンドール受賞者がプレミアリーグに在籍していてほしいからです。それにやはりロナウドのプレーが好きです。最近はドリブラーというよりセンターフォワードとしてプレースタイルを変化させたロナウド。一気に加速してキビキビキビっとディフェンダーの隙をついてゴールを決める姿に、機能美すら感じてしまうのです。

プレミアリーグのブランド価値も向上

バロンドールを受賞した世界最高峰の選手が所属するだけで、プレミアリーグの価値は高まります。今はレアル・マドリッドかバルセロナからオファーがあった場合、全く検討しないという選手はまずいませんが、そういうスペインの2強にプレミアリーグが今以上に対抗できるようになるでしょうね。それはチェルシーにとってもプラスの効果があると思います。

暖かいファンのサポートがプレミアにはある!

このニュースが飛び込んでくる前から気になっていたのは、クリスティアーノ・ロナウドがホーム・サンチャゴ・ベルナベウのサポーターから受けるブーイングに、度々不満をしめしていたこと。「ゴールを決めていない時はアシストで貢献している」なんて悲しげに言って、マンチェスター・ユナイテッド時代を懐かしむような発言がニュースになったこともありましたよね。

応援するチームの選手に対するサポーターのブーイングについては、ACミランに所属していた本田圭佑も苦言を呈していたのは記憶に新しいところ。インテルの長友佑都も似た発言をツイッターに投稿していましたね。

選手たちのこうした声は個人的には大いに共感します。プレミアリーグのサポーターがブーイングしない訳ではないでしょうが、マドリディスタやミラニスタの反応はちょっと常軌を逸しているのではないかと感じる面がありました。日本人の感覚とはかけはなれているものもあるでしょうから、理解しがたいのは仕方ないのですが。

代わりにアザールを狙うのだけは絶対やめてほしいけど

とはいえ、クリスティアーノ・ロナウドが去った後釜にレアル・マドリッドがチェルシーのエース、エデン・アザールを獲りにくるなんてことは絶対にやめていただきたいですね。あくまでもクリスティアーノ・ロナウドが帰って来たマンチェスター・ユナイテッドと戦うチェルシーのアザールが観たい、特に死闘を繰り広げて勝つとこを観たいわけですから!!

そうした事態がおきない限り、ロナウドのプレミア復帰は大歓迎ですよ!ロナウドさん、世界最高峰のプレミアリーグに来ちゃってください!

よろしければあわせてこちらも(^^)












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です