不要論もあるけどハメスにはチェルシーに来てほしい












ハメス獲得へチェルシーが本腰?

夏の移籍市場ならではと言いますか、現地報道は真偽不明の「個人合意」「退団を通告」などなど、色々な情報が飛び交っていますね。あれこれと想像(妄想?)を膨らませてクラブの未来を考えること自体が楽しい季節。そんな移籍市場エンタテイメントにおいて、チェルシーファンがニヤケてしまいそうな記事が以下、出ていました。

これが実現したら、今季の加入は確実視されてるロメウ・ルカク、ティエムエ・バカヨコに加えて、アルバロ・モラタにハメス・ロドリゲスですよ!もちろん戦術面、どう配置するんだよという指摘はごもっとも。特に日本人チェルシーファンのTwitterアカウントでは「ハメスいるのか?」と否定的なツイートも多いように感じました。

たしかに他にウィングバックのバックアッパーなどもっと急務の補強ポイントがあります。実は当ブログの過去のエントリーでも、ハメス・ロドリゲスの獲得については否定的な意見を書いていました…。アザールが残留してくれるなら不要では?守備面が不安では?と…。

チェルシーのハメス、夢がある!

ハメス、モラタ、ルカク、バカヨコ…うん、やはりハメス不要といった前言は撤回します笑。やっぱりこうやって文字でスター選手の名が並ぶと、どうしても楽しみで興奮してしまうのがミーハーなファン心というものです。もちろん戦術面やポジション別のバランスを無視して考えた場合の話です。

一方で、コンテ監督の下でハメスが守備も一生懸命やるようになったりするかな?という期待もあります。レアル・マドリッドで相当に悔しさも募っているでしょうし、新天地では期するものがあるはず。それがプラスに働けば良いなと思います。アザール、ルカク、ハメスが並ぶ前線3枚なんてパターンも夢があるじゃないですか。すぐ後ろの中盤にはバカヨコとカンテですよ…!

Twitterであれだけ否定的な意見が流れたのも、逆説的に言えばハメスにスター性がある証なのかなとも思います。イケメンですし、チェルシーのブランド価値向上にも貢献しそうです。

まあでもやっぱり噂は噂

一方でロンドン・イブニングスタンダードこんな記事が出ていますね。

要はハメス・ロドリゲスの移籍金は高すぎると。スペインメディアが報じた内容からは一気にトーンダウンです。まあこれで良いのです笑。こうやって一喜一憂しながら待ちましょう。にしても早く正式な獲得の発表もしてほしいですよ!ルカクとバカヨコは当選確実ということで良いですよね。楽しみにしています。

過去の記事もよろしければ(^^)












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です