18夏の移籍市場でチェルシーが補強を狙う選手を整理しましょう①












今夜はいよいよ背水の陣、敵地エティハドスタジアムでのマンチェスターシティ戦ですね…既に緊張し始めています。CL出場のためにも、強い強いシティを何とか撃破してほしい…

さて、そんな緊張を少し紛らわすためにも、ちょっと気が早いですが、2018年夏の移籍市場でチェルシーが補強を狙う選手を第一弾としてまとめておきたいと思います。こんな時期ですが…既に噂レベルで選手の名前が報道に出てきているんですよね~( ˘ω˘ )

レバークーゼンのレオン・ベイリー

まずはこちら。冬の移籍市場でも名前が挙がったレバークーゼンレオン・ベイリーですね。少し試合をチェックしてみましたが、左ウィングの攻撃的な選手でボールを持つとワクワク感があります。

本人も将来的にはプレミアリーグでの活躍を夢見ているようで、チェルシー以外にもビッグクラブが狙い始めているよう。本人が昔Twitterに投稿した画像にはチェルシーのシャツを着たものがあって、これは脈ありか!?とチェルシーファンはかなり期待感を持っています(*’▽’)笑

一方でもう少し力を蓄えてからビッグクラブにステップアップするのではないかという話も出ていて、この夏の移籍が実現するかどうかも含めて不透明ではありますね。

ワトフォードのリチャーリソン

幼少期の壮絶な体験でも知られるワトフォードリチャーリソン(リシャルリソン)についても、チェルシーのターゲットの1人として挙がっています。本人はシーズン終了後の移籍について否定はしていない…とイブニングスタンダード紙が報じていましたね。

リチャーリソンも人気選手で、既に同じロンドンのライバル、アーセナルトッテナムが狙っているという話も出ていますね。



ライプツィヒのティモ・ベルナー

こちらはソースが「サン」でしたので加えるか迷いましたが…現段階ではどの選手も噂にすぎませんから一応載せておきますね。RBライプツィヒティモ・ベルナーです。

ドイツ代表フォワードで、記事ではアーセナルが獲得レースに参戦、既にチェルシーとマンチェスターユナイテッドが狙っているとのこと。プレミアリーグのファンとして要注目ですね。

ドルトムントのクリスティアン・プリシッチ

こちらもソースはデイリーメールですが気になる名前ですので載せておきましょう。ドルトムントクリスティアン・プリシッチです。

記事によると、ドルトムントはドイツ国内のライバル・バイエルンミュンヘンには移籍させたくない模様。最近、ブンデスリーガで活躍した選手が国外ではなく、バイエルンに行ってしまう傾向が続いていますもんね…。

で、ご存知の通りドルトムントには冬の移籍市場においてローンで放出したミシー・バチュアイがいます。移籍後、水を得た魚のごとくイキイキと活躍してゴールを量産していますので、ドルトムントが完全移籍での獲得に動いてもおかしくない状況になっています。

そこで獲得に際して、交渉にプリシッチを含めてくる可能性があるという見立てですね。単に名前が挙がっているよりはありそうな話だなあと感じますよね。どうなるか見守りましょう。



ニューカッスルのジャマール・ラセルズ

こちらはイブニングスタンダード紙が報じたニューカッスルのジャマール・ラセルズ。センターバックの選手ですね。

若くてイングランド国籍という点が特にチェルシーフロント陣の希望に合致するのではないかという見立てのようです。確かに、ダビ・ルイスやケーヒルの年齢を考えると世代交代も視野に入る時期ではありますからね。

一方でストークにローンで出しているクルト・ズマをできればチェルシーの将来的な主力として迎えたい気持ちも強いです。

ローマのアリソン

こちらはリヴァプールがローマゴールキーパーアリソンを狙うというスカイの記事ですが、後にチェルシーとマンチェスターユナイテッドも関心を持っているという別の報道が出ました。

というのも、チェルシーティボー・クルトワを、ユナイテッドデ・ヘアをそれぞれレアルマドリードに狙われているからですね。万が一に備えて、後釜の狙いを定めておく必要はあります。

特に最近はクルトワがお子さんのいるマドリードへ愛着を示す発言をし、契約延長交渉も長引いているようなので、チェルシーはいよいよ本格的にゴールキーパーを本格的に探さなくてはいけないかもしれませんね。

ウェストハムのジョー・ハート

クルトワの後釜ゴールキーパー探しで言えば、ウエストハムジョー・ハートの名前も挙がっていましたね。

まあ、ソースがデイリー・スターですし、ファンからの反応もすこぶる悪かったですが…苦笑。一応名前だけは載せておきたいと思います。



バイエルンのレヴァンドフスキ


まあこちらもソースはサンなので迷いましたが、飛ばし記事も嬉しい話だとついつい読んでしまうものですよね…笑(だから飛ばし記事ってなくならないんだよな…)

バイエルンミュンヘンのフォワード、レバンドフスキです。昨夏も名前が挙がりまして、実現すればそりゃ心強いですけど…と皆が思いましたよね。

インテルのヤン・カラモ

こちらはミラーが報じたインテルヤン・カラモ。なんだかこの写真はセルティックにローン移籍中のチャーリー・ムソンダに似ていますね…笑

まだ若干19歳の選手で、フランスの下部年代の代表ながら、コートジボワールにもルーツがある選手だそうです。記事ではバルセロナも狙っていると指摘されています。

前線の選手ですが、似たポジションにハドソン=オドイら優秀なユース上がりの選手たちもいますし、なんとなくそこまで若手に手を伸ばさなくても…と現時点では思ってしまいますが、どうなんでしょうかね~。いずれにしても今後は要注目でチェックしたいと思います。

 

今のところ出ている名前はこんな感じですかね~。まあ時期が早すぎるので、どれもハッキリ言って飛ばし、憶測の域を出ない記事ばかりですけど、少しでも噂になっているとなればチェルシー以外の試合を観る際の楽しみにはなりますよね。

青くま君
また新たな噂が出てきたら第二弾としてまとめていきたいと思います( ˘ω˘ )















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です