18冬の移籍市場も終盤へ!チェルシーの補強の噂をまたまた整理しましょう












さてさて冬の移籍市場も後半戦に入りましたが、チェルシーの動きはどうなっているのでしょうか…( ˘ω˘ )Twitterをのぞいていると、やはりチェルシーファンは補強の話でもちきりです…。

特に現在チェルシーは公式戦3戦連続スコアレスドロープレミアリーグは4位転落とスッキリしない状態ですからね( ;∀;)不安が募り、焦りも出てきます。ということで、また最近の現地報道を少し整理しておきたいと思います。

▼エバートンのロス・バークリー獲得時までの動きはこちらでまとめています▼

チェルシーの補強前進!18冬の移籍市場でさらに獲得を狙う選手を整理しましょう

アンディ・キャロル獲得が現実味

 

やはり現時点で一番現実味を帯びてきているのはこちら、ウエストハム所属のフォワード、アンディ・キャロルの獲得でしょうか。

現地報道を追っていますと、チェルシーは当初、今シーズン限りのローン移籍での獲得を模索。しかしウエストハム側から完全移籍しか認めない方針を示されたとのことでした。

必要とされる移籍金として£35mとの報道が出ると、チェルシーファンからは賛否両論が噴出する状態に。別の報道では£20mとの話も出ましたが、いずれにしても28歳の選手を完全移籍で獲得するという話には複雑な心境ですね…。

前述したようにチェルシーは3戦連続スコアレス。アルバロ・モラタのスランプと、ミシー・バチュアイの不調で、フォワード陣のテコ入れは待ったなしという状況だけにチェルシーのフロント陣も本気で動くでしょうが…。

ちなみに…キャロルをはじめフォワード陣の補強ができた場合には、ミシー・バチュアイがスペインのセビージャにレンタル移籍するという話も同時並行で報道され続けており、どうやらこちらも現実性がありそうです。

サンチェスのハイジャックはやはりなし?

 

そして同じフォワード関連の話として一瞬沸いたのがこちら。アーセナルのアレクシス・サンチェス獲得へチェルシーが遅ればせながら参戦したのでは!?というニュースでした。

サンチェスに関してはまずマンチェスター・シティが合意したとの報道が1週間ぐらい前に出回りましたが、続いてマンチェスター・ユナイテッドヘンリク・ムヒタリアンのトレードなどを絡めて交渉に参戦。シティは撤退し、ユナイテッドが契約間近と伝えられていました。

そこへきてのチェルシーの参戦報道!強奪を狙うのか!?でもそれだとエデン・アザールの週給を超えてしまうから良くない!いやいやそれでもほしい!!なんてTwitter上では2日間ほどチェルシーファンがにわかに沸いた訳ですが…

先日の会見でアントニオ・コンテ監督がこの噂をきっぱり否定!

真相は分からずじまいですが、翌日からまためっきりチェルシーのサンチェス狙いに関する報道はなくなり、一方で前述のアンディ・キャロル獲得に関する報道が増え始めています。




レオン・ベイリーはチェルシーファン!?

 

フォワードと並んで現在のチェルシーの補強ポイントは左ウィングバックですね。狙っていたアレックス・サンドロに関してユベントスの提示額が高すぎるとしてチェルシーは一時撤退。その後に噂として名前が挙がったのがレバークーゼンレオン・ベイリーでした。

で、話題になったのはレオン・ベイリー本人が約3年前にツイートしたこちらの写真

誰が見つけ出してきたのか分かりませんが、突如としてリツイートされまくり、一気に広まりました!それもそのはず。ご覧の通り、レオン・ベイリーがチェルシーのシャツを着ていたからです。

実はレオン・ベイリーに関する交渉の進展などを報じる記事は最近あまり目にしなくなってしまったのですが、このツイッター投稿が出回ったことでベイリーをぜひ獲得すべきだ!という声がファンの間で一気に高まりましたね。

普段はブンデスリーガを観る機会がないですが、今回はレオン・ベイリーを視察する目的でバイエルン戦をダゾーンで視聴しましたよ。チェルシーの主要フォーメーションと同じ3-4-3において、左ウィングバックとして起用されており、特に攻撃面で存在感を放っていて印象に残りました。

一方でファンの間からは守備面に不安が残るのでは?という指摘もあり、たしかに一理あるなあと感じます。まあいずれにせよ、昔チェルシーのシャツを着て写真に写っていたという事実は否応なく気持ちが高まってしまいましたね笑。

エメルソン・パルミエリの名も!

 

そして左ウィングバック候補として最近名前が報じられたのがこちら、ローマの左サイドバック、エメルソン・パルミエリです!

ケガ明けのようですが、左ウィングバックは補強を最も優先すべきと言っても過言ではないほど層の薄いポジションですので、新しい名前が挙がって来たこと自体には一安心しました( ˘ω˘ )

ただ…やはりなんだかんだ言ってもユベントスアレックス・サンドロに思い切って資金を投じてほしいというのが本音です。

左ウィングバックは夏からの重要補強ポイントで、アレックス・サンドロはその夏にもずっと追ってきた選手です。さらにユベントスは足元を見て高額の移籍金を要求をしているものの、交渉の扉は開いていると報じられています。売る気はある訳です。

そして何と言ってもアントニオ・コンテ監督がずっと獲得を希望している選手でもあります。フロントは現在のところなかなかコンテ監督の要望に応えようとしません…。これだけ結果を出してきた監督です。今もチーム状態をギリギリのところで保てているのもコンテ監督の手腕によるところが大変に大きい…。

だからこそ、アレックス・サンドロだけは思い切って獲得に漕ぎつけてほしいなあと願っています( ˘ω˘ )



青くま君
よろしければこちらもご覧ください

ジェコとエメルソンが来る!ローマからチェルシー加入の噂を整理しましょう

移籍市場まとめ












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です