18冬の移籍市場でチェルシーが補強を狙う選手を整理しましょう












 

久しぶりのホーム・スタンフォードブリッジでのゲーム、サウサンプトン相手にアロンソのお見事すぎるフリーキック一発!

 

青くま君
しびれましたね!!

 

さらにカラバオカップのボーンマス戦も勝ち上がって準決勝へ。

最近3-4-3が復活して調子も安定している印象があります( ˘ω˘ )厳しい日程が続く中で頼もしい。この調子ですね。





いよいよ冬の移籍市場

 

さて、そろそろクリスマスも近づいてきまして、1月に始まる冬の移籍市場に関するニュースがかなり出てきています。

チェルシーは夏の移籍市場で思うように補強できず、チャンピオンズリーグとプレミアリーグを両方戦うにはやはり選手層の薄さを痛感する今日この頃。取りこぼしたウェストハム戦など、明らかに蓄積した疲労が原因でしたよね…。

チャンピオンズリーグではベスト16でいきなりバルセロナと対戦することも決まった訳ですから、ここはぜひとも補強をググっと進めていただきたい!何やら期待の高まる噂話も出てきているので頭の整理をしておきたいと思います。

 

ASモナコのトーマス・レマル

 

青くま君
トーマス・レマル!

 

アーセナルやリヴァプールが夏にも狙ったトーマス・レマルの獲得レースにチェルシーも参戦するそうです。テレグラフが報じているから、ある程度信憑性がありそう。前チェルシーテクニカルディレクターのエメナロ氏がモナコのスポーツディレクターに着任したばかりで、交渉が有利に運ぶ可能性もありそうと指摘されています。

ちなみに今のチェルシーに不足している左利きで、色々なポジションがこなせるそうですが、もちろん左ウィングバックとしての活躍を期待したいところですよね。

記事では他に夏にも狙っていたユベントスのアレックス・サンドロに加え、ポルトのアレックス・テレスや、アウグスブルクのフィリップ・マックスの名も挙がっています。サンドロやレマルが獲得できなかった際のオプションという位置づけのようですね。

夏の移籍市場でも強く感じていたことですが、左ウィングバック、なんとしても補強が必要なポイントですよね。右はザッパコスタの獲得で何とかヴィクター・モーゼスと2枚で回せていますが、左はマルコス・アロンソ1人

アロンソはすごく頑張ってくれているのですが、当然ながら疲労が蓄積しているようで、昨シーズンのようなキレを感じられない試合も見受けられます。これはアロンソ自身にとってもかわいそうなこと…。ウィングバックはコンテ監督が導入した3バックシステムにおいて、3-4-3でも3-5-2でも変わらず重視される大事なポジションです。

攻守に貢献が求められ、必要な運動量も半端じゃありません。だからこそ、なんとか獲得してアロンソの負担を軽減してあげてほしいです。

 

ユベントスのアレックス・サンドロを再び

 

青くま君
アレックス・サンドロ!

 

こちらも信頼のテレグラフの記事!

前述のトーマス・レマルに並んで左ウィングバックの獲得候補として名が挙がるのがユベントスアレックス・サンドロですね。夏に猛アプローチしたのに獲得できず、もはやおなじみな感じも出てきています( ˘ω˘ )笑

ただ、状況は夏とかなり変わってきてるようで…!最近はユーべ側が放出を容認する方向のようですね!遂に獲得のチャンスが巡ってきそうです。

ただ、マンチェスターユナイテッドやパリ・サンジェルマンが獲得レースに参戦するとの声もあります。このあたりは夏から熱心だったチェルシーになびいてくれるといいんですけどね( ˘ω˘ )

 

エバートンのバークリー

 

 

青くま君
ロス・バークリー!

 

エバートンのロス・バークリーもチェルシーが夏の移籍市場で狙った選手。狙っていたというか、チェルシーとエバートンのフロントは移籍で合意し、メディカルまで進むタイミングでバークリー自身が移籍を拒否したとされています。

この冬も狙うのではないかとさきほどのテレグラフの記事の中で触れられていましたし、こちらのエクスプレスの記事でもトッテナムと獲得レースに臨むだろうと報じられていますね。

3-4-3が主体だった昨シーズンのチェルシーを見ていると、バークリーが来てもあまり出番がないのでは?と思っていましたが、最近の3-5-2であれば機会が増えそうな気がしますね。

まもなく24歳になるという若手選手です。左ウィングバックほど必須とは思いませんが、来てくれるなら楽しみな存在になりそうですね( ˘ω˘ )

 

ドルトムントのオーバメヤン

 

 

青くま君
オーバメヤン!

 

フォワードはアルバロ・モラタがものすごい勢いで適応してくれたおかげで、ひとまずファーストチョイスは固まっていて安心です。

ただ二番手のミシー・バチュアイは正直に言えば少しもの足りないですね…。チャンピオンズリーグ・アトレティコ戦の終了間際のゴールや、昨シーズンのウェストブロム戦での優勝を決めるゴールなど記憶に残る選手ではある上に、SNSの写真などみる限りキャラクターも非常に明るくて好感度は高いのですが…。

いかんせんコンテ監督の信頼をいまひとつ勝ち得てない印象ですよね。モラタがケガなどで出場しない際もコンテ監督が選ぶのはアザールを偽の9番に配する3-4-3。こうなってくると二番手と言えるのかも怪しくなってきます。

左ウィングバックに次ぐチェルシーの補強ポイントと言えるこのフォワードのポジションですが、まず名前が挙がったのがドルトムントのオーバメヤンでした。夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドにルカクを強奪された直後も、チェルシーが狙うのでは?と噂されていましたよね。

セスクのパス1本にオーバメヤンのスピードで抜け出したら…!などと妄想を膨らませていたのですが…

 Yahoo!ニュース 
オーバメヤンがドルトムントとの契約を2021年まで延長、独報道(AFP=時事) - ...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000024-jij_afp-socc
【AFP=時事】ドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmun - Yahoo!ニュース(AFP=時事)

ただ、どうもこちらの記事によるとオーバメヤンはドルトムントと契約延長に合意したそうで…。可能性はかなり小さくなったかなあと思われます。



 

クリスタルパレスのザハ

 

 

青くま君
ウィルフレッド・ザハ!

 

そんな中、フォワードで名前が急上昇したのがクリスタルパレスのウィルフレッド・ザハですね。チェルシー戦では本当に厄介な存在で苦しめられましたが、味方になってくれるなら心強い!

上記のBBCのツイートにあるように、アーセナルマンチェスター・シティも狙っているとのこと。最近復調しつつあるクリスタルパレスの中でも間違いなくキーマンの一人となっていますから、注目度も上がっています。

個人的にはザハの独特な笑顔がなんとも好きなんですよね~。頬の筋肉をクイっとあげてなんともいたずらっぽい!青いユニフォームも似合いそうですが、どうでしょう!?せっかく調子を取り戻し始めたクリスタルパレスのファンの気持ちを考えると少し申し訳ないですが…。

 

レスターのマフレズを狙う?

青くま君
リヤド・マフレズ!

 

夏にはローマやアーセナル行きも噂されながら残留したリヤド・マフレズの名前も挙がっていますね。バークリーと同様、3-4-3主体だと出番が限られそうでしたが、3-5-2も多用する今季であれば面白そうですよね。

ただ、こちらもまたレスターのファンに申し訳ない…。昨シーズンはエンゴロ・カンテ、そして今シーズンはダニー・ドリンクウォーターと奇跡の優勝を支えたメンバーをバッサバッサといただいてしまっていますからね…。

 

リヨンのムクタル・ディアカビ

あとはリヨンのムクタル・ディアカビという選手の名前も挙がっていました。センターバックの選手なんだそうです。しかも年齢は二十歳!どういう選手なのかは分かりませんが、この報道以降にはあまり名前を目にしないですし、センターバックは緊急の補強ポイントではないのかなあという気もしますね。

いざとなったらボーンマス戦でも落ち着いたプレーを見せた驚異の17歳、アンパドゥに思い切って任せてみてほしい気もします( ˘ω˘ )

 

アトレティコマドリードのコケ

こちらもほとんど報道では目にしませんが、一応ご紹介。アトレティコ・マドリードのコケを狙っているとのニュースです。あまり現実的ではないかな~。ハードワークもできて、プレイメーカーでもある選手です。

 

すべてのニュースを拾いきれた訳ではないですし、まだまだ色々な噂が出てくるでしょうから引き続きウォッチしていきたいと思います。

とにかくとにかく、どんなことがあっても左ウィングバックだけは補強してあげてほしい!

 

青くま君
フロント陣、頑張ってくださいよ!!




さらに追加で移籍の噂をまとめましたので以下の記事も是非ご覧下さいね!

チェルシーの補強前進!18冬の移籍市場でさらに獲得を狙う選手を整理しましょう












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です