超楽観プレビュー!チェルシーがバルサに勝つ7つの理由












いよいよチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、チェルシー対バルセロナの1stレグがやってきますね!

ユベントス対トッテナムレアルマドリード対パリサンジェルマンなどいかにもCLらしい熱戦を観戦し、ますます楽しみになってきています。

もちろん、願うはチェルシーの勝利のみ!今回は超楽観的にこのビッグマッチをプレビューしてみたいと思いますよ!

 

チェルシーがバルサに勝つ理由①

調子が悪くてもCLは別

やはり危惧されるのはチーム状況ですよね。WBA戦、FA杯ハルシティ戦と連勝して立て直してはいますが、コンテ監督解任説が盛んに報じられるなど今シーズンのチェルシーは全く「絶好調」とは言い難い状態です。

しかしチェルシーファンの方がTwitterでよくツイートしているように、チャンピオンズリーグでの成績は必ずしも国内リーグ戦での戦況とリンクしてきません

むしろ、プレミアリーグで調子が悪い時の方が短期決戦のCLで結果が出ることも。なによりも分かりやすい例はチェルシーがチャンピオンズリーグを制した2011-12シーズン。3月にビラス・ボアス監督が解任されていました。決勝戦でチェルシーを率いていたのはアシスタントコーチだったディ・マッテオ暫定監督!

この状況を考えれば今のチェルシーが悲観的になる理由は特に見つかりませんね!笑

 

チェルシーがバルサに勝つ理由②

バルセロナとは互角以上に戦ってきた

戦績を見ても明らかなのですが、チェルシーはチャンピオンズリーグにおいてバルセロナと互角以上に闘ってきた実績があります。12試合でチェルシーの4勝3敗5分なのです!ゴール数も互いに18得点ずつ。

特に最近では08-09シーズンに準決勝で対戦し、疑惑の判定で泣いたゲーム。そして、11-12シーズンのトーレスのゴールで勝利したゲームなど名勝負、そして因縁の多い対戦になっています。

世界的なビッグクラブであるバルセロナとこれだけの関係性を築いていること自体、前評判は低くてもチェルシーが勝利する可能性を十分に感じさせる理由になりますよね!




チェルシーがバルサに勝つ理由③

チェルシーにはアザールがいる!

バルセロナといえばサッカーファンでなくても知っている世界的スター、リオネル・メッシが在籍していますね。正直、わたしも好きですけど…笑。メッシにやられる可能性は十分にあるのですが、一方でこの「スター」という観点でもチェルシーは互角に渡り合えるのです。

それがエデン・アザールの存在ですね。アザールは今、ノリにノッています。特に最近で言えばワトフォード戦のゴールが印象的でしたよね。格下に1-4で敗れるというショッキングな結果だった訳ですが、連携もうまくいかず、コンディションも悪く、チームの雰囲気も明らかにどんよりしている状況で、たった1人、状況を打開してゴールを奪ったのがアザールでした。

1人で打開できる、1人で戦況を変えられる、1人でチームを引っ張るプレーができる…これこそがスターの必須要件と思いますが、言うまでもなくアザールは満たしていて、コンディションも良好です。

しかも、最近はキャプテンシーを感じさせるようなポジティブなメッセージを発することも多く、ますます心強い!バルセロナ戦でアザールは必ず何かやってくれる!これはチェルシーファンなら誰も疑っていないと思います。

 

チェルシーがバルサに勝つ理由④

メッシはチェルシー戦で無得点

この一戦がアザール対メッシのエース対決という一側面を持つことは前述の通りですが、実はバルセロナのメッシはこれまでの対戦でチェルシーから得点したことがありません!!

メッシにとってのチェルシー戦の戦績は1勝2敗5分。メッシという伝説的な存在が細かいことを気にしているとも思えませんが、こちらはただの一ファンですから、これを「チェルシーの呪い」として思いっきり信じさせていただきたいと思います!笑

今回の対戦でも、メッシからはゴールを奪われないはずです!(^^




チェルシーがバルサに勝つ理由⑤

モラタはスペイン勢に慣れている

今シーズンのチェルシーのエースストライカーはアルバロ・モラタですね。背中の痛みなどを抱えて戦線離脱中でしたが、バルセロナ戦では復帰見込みです。最近は若干調子を落とし気味でしたが、それでもシーズン序盤にいきなり見せたゴールの数々はモラタの実力を証明するには十分で、大一番に向けて期待が高まります。

で、ご存知の通りモラタはシーズン前の夏の移籍市場でレアル・マドリードから加入しました。最近の不調は疲労に加えてプレミアリーグの特有の激しい当たりに苦しんだことが一因と見られていますが、今回の対戦相手バルセロナは昨シーズン、レアルマドリードで経験済みのスペイン、リーガ・エスパニョーラのチーム。バルセロナが激しくないとは言いませんが、プレミアの中堅や下位チームと比べるとフィジカル面では伍しやすいはず。

しかもモラタはレアルマドリード時代、途中出場でここぞ!という時に重要なゴールを決めてきた経験があります。バルセロナ戦は今シーズンのチェルシーにとってまさにここぞ!という時となります。大一番だからこそ、期待できるのではないでしょうか(^^

 

チェルシーがバルセロナに勝つ理由⑥

アスピリクエタのキャプテンシー

 

こちらはアスピリクエタのツイッターの投稿です。ボーンマス、ワトフォードに2連敗を喫してコンテ監督解任説も吹き荒れ、チーム状況も最悪かと思われた時のこの投稿され、ファンは大いに勇気づけられました。

アスピリクエタは今シーズンの副キャプテンですが、正キャプテンのケーヒルが出場しない試合も多く、キャプテンマークを付けることも多いですよね。安定感抜群のプレーぶりはもちろん、ゴールセレブレーションでエンブレムにキスするなどクラブ愛も伝わってきます。

バルセロナ戦、大一番こそ「We are Chelsea!」。ファンとクラブの心を繋ぎ、ひとつにするアスピリクエタのキャプテンシーは必ず効いてくるはずです。




チェルシーがバルサに勝つ理由⑦

コンテ監督支持!ファンの結束

最後に挙げたい理由の一つはチェルシーサポーターの結束です。既に何度も触れていますが、今シーズンのチェルシーは絶好調とは言えず、フロントとコンテ監督の不仲から解任説もしばしば取り沙汰されています。

そんな中、チェルシーファンの多数はコンテ監督を支持していると言って良いでしょう。試合中に「アント~ニオ♪アント~ニオ♪アント~~~ニオ~~♪」のチャントが歌われなかった日はないのでは!?

こちらはチェルシーファンがスタンフォードブリッジで掲げるビッグフラッグです。カッコイイですよね。

多くのファンは昨シーズンにチームを立て直してプレミアリーグ優勝を成し遂げ、タッチライン際で情熱的に振る舞うコンテ監督に心酔しています。また、コンテ監督の要望通りに補強を実現できなかったフロント陣に対する不信感も根強い状態。

プレミアリーグ優勝が既に難しい今シーズンのチェルシーにとって、チャンピオンズリーグは何としても狙いたいタイトルです。それをコンテ監督の下で実現したい。チェルシーファンの心は一つになっています。特に第一戦はホーム・スタンフォードブリッジでの開催。きっとものすごい雰囲気が作り上げられていることでしょうね(^^

 

以上、思いっきり楽観的にプレビューしてみました!笑。当日はもちろん、試合までの数日間もワクワクしながら過ごしたいと思います!今のチェルシーは何かやってくれる気がしています!














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です